others 一般歯科 / 入れ歯 / 歯科口腔外科

西荻窪 諏訪デンタルクリニック| 診療内容 【一般歯科】【入れ歯】【歯科口腔外科】

患者様とのコミュニケーションを大切に治療を進めてまいります。

一般歯科(むし歯治療)

むし歯の原因ってなに?

むし歯の原因は主に以下の3つ。

  • 糖分

    糖分は、口内環境をむし歯になりやすい酸性に近づけ、むし歯菌の栄養となります。
    間食を控えたり、糖分の少ないものを選ぶことでご自身でも予防をすることができます。

  • 細菌

    主にミュータンス菌ラクトバチラス菌と呼ばれるむし歯菌が歯に定着することで、歯のエナメル質を溶かしむし歯になります。
    キシリトールやフッ素はこの菌の活動を抑える働きがあります。

  • 歯質

    歯質は人それぞれ異なり、歯の形や歯並び、唾液の質によって左右されます。 唾液の分泌量もむし歯に大きく影響するため、よく噛んで唾液の分泌を促すことは効果的な予防になります。

むし歯が進行していくと…

歯は食べ物を口にする度に実は少しずつ溶かされていますが、唾液の分泌が修復作業を行ってくれており自然に『再石灰化』しています。しかし、だ液による修復作業が追いつかなくなり歯が溶けるスピードが速くなることでむし歯がどんどん進行します。

むし歯を長期間放置していると激痛を感じる時期はありますが、その時期を過ぎると痛みがなくなったということはありませんか?それは、治癒したのではなく、『痛みを感じる神経が死んでしまった』ため痛みを感じることができなくなってしまったのです。

むし歯の進行レベル

  • C1 歯の表面にあるエナメル質がむし歯に侵されています。
  • C2 象牙質までむし歯が進んだ状態です。
  • C3 歯の神経近くまでむし歯が進行しています。
  • C4 歯全体がむし歯に侵され根の先や根の周りにも影響がでています。

むし歯で歯がほとんどが無くなってしまったら?

むし歯が進行してしまい、神経まで達してしまった場合に行う治療を『根管治療』といいます。

根管治療では抜歯をしないため、重度のむし歯でもご自身の歯を残したまま治療をすることができます。
他の医院で抜歯を進められた方は、ぜひ一度当院にご相談ください。抜歯をしなくても済む可能性があります。

なるべく痛みが少ない治療をご提供するために

表面麻酔 麻酔の注射を行う際の針を刺す部分に塗布することで、痛みを軽減できる麻酔薬です。注射が苦手な方もご安心ください。

電動麻酔器 コンピューター制御によって、注入速度や注入圧が一定に保たれることで痛みを感じにくくする機器です。針もかなり細いものを使用します。

※痛みが少ないといっても患者様それぞれ感じ方は異なり、歯にも神経があるため全くの無痛であるとは言い切れません。
患者様とのコミュニケーションを大切に治療を進めてまいりますので、痛みが強い場合や麻酔が効いていないなどの際は、お気軽にお声がけください。

入れ歯

入れ歯のお悩みはございませんか?

当院の院長は、大学病院で総入れ歯を専門とした科に在籍しておりました。そのため入れ歯治療は最も得意な治療のひとつです。

現在使用中の入れ歯は、あなたにしっかり合っていますか?『痛い』『うまく噛めない』『外れやすい』など少々のことでは我慢している方も多くいらっしゃるかもしれません。しかしそれでは、歯や歯ぐきに余計な負担がかかるとともに全身の健康にも大きく関わります。全身の健康のためにも我慢せずに早めの受診がオススメです。

しっかり噛めるメリット

  • ストレス
    解消

  • 脳の
    活性化

  • 生活習慣病
    改善・予防

自分に合った入れ歯は、痛みや違和感などのストレスから解放され、食事をおいしく楽しむことができます。
よく噛むことは脳の活性化に繋がり、認知症や肥満による高血圧、糖尿病の予防にも大きく影響を及ぼします。

全身を健康に保つためにはお口の健康維持が大切です。ぜひ一度ご使用の入れ歯を見直してみませんか?

保険の入れ歯と自費の入れ歯

メリット デメリット
保険の入れ歯
  • ・比較的安価
  • ・プラスチックのため修理がしやすい
  • ・自費に比べ製作期間が短期
  • ・厚みがあり、違和感がある
  • ・食べ物の温度が伝わらない
  • ・自費に比べ耐久性に劣る
  • ・プラスチックのため変色しやすい
自費の入れ歯
  • ・見た目が自然で変色しにくい
  • ・薄く作成できるため違和感が少ない
  • ・金属床を使用でき、温度が伝わる
  • ・耐久性があり、破損しにくい
  • ・ご自身に合ったものを選べる
  • ・保険に比べ、製作に時間がかかる
  • ・費用が高い

当院で扱う入れ歯の種類

総入れ歯
  • ・レジン床
  • ・金属床(コバルトクロム)
  • ・金属床(チタン)
  • ・ソフトデンチャー
  • ・スマイルデンチャー
部分入れ歯
  • ・レジン床
  • ・金属床(コバルトクロム)
  • ・金属床(チタン)
  • ・ノンクラスプデンチャー

歯科口腔外科

お口周りや親知らずなどでお困りのことはございませんか?

歯科口腔外科では、口腔・顎・顔面などお口周り全体に関わる外科的治療を行います。
「口内炎ができたけど何科に行ったらいいんだろう?」
「顎が痛いけどどこで診てもらえばいいのかわからない」

そんなときはぜひ一度当院までお気軽にご相談ください。

その症状、もしかしたら顎関節症かも?

  • 顎を動かすと
    カクカク音がする

  • 口を開けようと
    すると痛い

  • あまり大きく
    口が開かない

上記のような症状がある方は、顎関節症の予備軍かもしれません。

口を開けた時に痛みはないがカクカクと音がすると感じている方が約20%もいるというデータがあり、症状が進行すると顎や耳周辺に痛みを伴い、口が開かなくなってしまうことも少なくありません。

少しでも違和感を感じたら、早めの受診をおすすめしております。

顎関節症とは?

顎関節症は、関節円板という顎関節の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織がずれることで痛みが生じる症状です。顎に負担がかかることで、その周辺にも影響が出てしまい頭痛やめまい・肩こりなどが重なることもあります。

顎関節症の原因

顎関節症は『咬み合わせ(咬合)の悪い方』や『顎関節や顎の筋肉が弱い方』に多いと言われてきました。
しかし現在では、必ずしもそれらが原因というわけでなく、様々な原因が考えられるとされています。
その中でも現代特有とされる原因の1つが、精神的なストレスです。精神状態が不安定な時期が続いたり、緊張や強いストレスがかかった場合に顎に大きな負担をかけていることがあります。ストレスを感じた時に上下の歯を噛み締めてしまったり、食いしばりや夜間の歯ぎしりなども原因の1つと考えられます。

忙しくストレスを溜め込みやすい現代人に増えている病気でもありますので、ご自身の生活などを考えてみると良いかもしれません。

親知らずとは?

親知らずとは、前歯の真ん中から数えて8番目の歯のことをいいます。
一般的に17歳頃~成人後に生えてくるとされ、親の手を離れた時期に生えるため『親知らず』と言われるようになりました。

親知らずがキレイにまっすぐ生えてくる人はごくわずかとされ、歯ブラシが届きにくく歯みがきが十分にできないため、むし歯や歯ぐきのトラブルの原因になりやすいとされています。
お口周りの違和感や身体の不調など、もしかすると親知らずが原因かもしれません!気になる事があれば早めに受診しましょう。

親知らずといえば…

  • 親知らず

  • 抜歯

  • 痛い

このようなイメージをお持ちではないでしょうか?

しかし実際には、親知らずは必ず抜かなければいけないものではなく、「キレイにまっすぐ生えている場合」や「他の歯に影響がない場合」、「完全に埋まっている場合」などは抜歯の必要はありません。
では、なぜ「親知らず=抜歯」というイメージがつく程に、抜歯が必要になることが多いのでしょう?

親知らずの周りがむし歯に感染した場合などに起こるデメリット
  • ・歯ぐきや頬が腫れる
  • ・奥歯に鈍痛がある
  • ・口を大きく開けられない
  • ・咬み合わせに不具合が生じる
  • ・奥歯や歯ぐきからの口臭が気になる

上記は、親知らずが「ななめや横向きに生えている場合」や「親知らずの一部だけが顔を出している場合」に起こりやすいトラブルの一例です。
前述した通り、親知らずがキレイにまっすぐ生えている人はごくわずか。
ほとんどのケースで上記のようなトラブルが発生してしまうことが、抜歯が必要になることが多いひとつの要因といえます。

抜歯後に気をつけること 

  • ※麻酔の効果には個人差がございますが、だいたい1時間~3時間程度効果が持続します。痛みは2~3日続くこともあるので、処方された痛み止めを服用してください。
  • ※出血が完全に止まっていれば、抜歯後30分程度で食事を取ることが可能です。但し、麻酔で温度感覚などが鈍っているので食事をする際は十分にお気をつけ下さい。
  • ※抜歯後の穴が完全に塞がるまでは約1ヶ月~半年ほどかかります。食べ物が穴に詰まっても無理には取らず、ゆすぐ程度でご対応ください。
  • ※抜歯した当日のお風呂は、シャワーで済ませるようにしましょう。湯舟に浸かってしまうと、血行が良くなり出血しやすくなります。